2010年11月26日

今年最後の・・・

 おはようございます、広報部員S.Kです。

今日は今年最後の「駅弁・空弁」の日です。

ご当地名物のお弁当が、その地まで行かずに

丸喜各店で買って食べれます!

ぜひこの機会に丸喜グループ各店でお買い求め

下さいませ〜。


posted by まるきグループ広報部 at 09:50| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 広報部員S.K.の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

撮影。

 広報部員S.Kです。

 さて今日は情報ピックアップの撮影が

ウエスタ丸喜大内店の店内で行われました。

今回は「明治乳業様」「福徳海苔様」「明治製菓様」の

3社に参加をして頂きました。

最初は吉幾三が歌うCMでおなじみの「グルト!」

次に本格洋食金鶏亭でおなじみの「明治製菓・銀座カリー」

今回は「金鶏亭」を持ち込みまして、更に営業の人がコックをされ、

女性社員2名がメイド姿で撮影に挑むと言う、今までにない

状態で撮影を致しました。

打合中.jpg
(TYSスタッフと打ち合わせ中です。笑顔が出ています。)

緊張.jpg
(いよいよ本番!緊張が2人を襲います。)

 撮影は練習の成果(?)が発揮され、ほとんど失敗される事無く、

無事に終了。メイド役の2人はホッとされてました。

でも一番緊張されていたのは、コック役の営業の人だったかも知れません

(セリフは無かったですけど・・・)

最後は福徳海苔様の主力商品「蘭」を撮影し、メーカー様の撮影は無事に

終了致しました。 いよいよMCの登場です!

MC2.jpg

もはや2回目ですので、手馴れたものです。スイスイとこなされておりました。

MC1.jpg

放送時間は12/4(土)の午後6時55分からとなっております。

 メーカー様の頑張り、MCの奮闘振りをご覧下さいませ〜。
posted by まるきグループ広報部 at 18:26| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 広報部員S.K.の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清掃活動。

 広報部員S.Kです。

昨日はバリューハウス豊浦店周辺の清掃活動がありました。

1班は店周り及び駐車場を、2班はバリューハウス豊浦店から

川棚温泉駅までの道路のゴミ拾いを致しました。

意外と道路にはゴミが落ちていて、アスファルトの隙間からは

草がニョキニョキと生えていました。

じっくり1時間をかけて清掃活動は終了致しました。


101114_0845~01.jpg
(じっくりした成果です。)

次回は来年小月店周辺の予定です。又ご報告致します。
posted by まるきグループ広報部 at 17:40| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 広報部員S.K.の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

饂飩

 広報部員Fです。


 その歴史は8世紀奈良時代までさかのぼります。


 遣唐使によって中国から渡来しました。

 その起源は、中国のものを取り入れ、室町時代には、現在とほぼ同じ製法で作られるようになりました。

 江戸時代には、贅沢と見られていて、農村などでは自由に『それ』を食べることは出来ませんでした。

 めでたい席のみ、それは許されていました。


 寛永19年(1642年)には、飢饉対策として、 『それ』の売買が禁止されているほどです。


 寒いとき頂くと体が温まります。


101109_1511~01.jpg


 『うどん』です。

 近畿圏内ではうどんは、根強い人気を誇ります。

 これは、良質な小麦の産地であったこと。

 近畿地方の地下水は軟水で昆布と相性が良かったことと、おいしいうどんを作る条件がそろっていたからでした。


 山口県も比較的そうですが、讃岐うどんなどに比べ『麺』にこしがないのが好まれます。


 これは、麺より『だし』に重点を置き、うどん玉は、だしを吸いやすいように、しなやかでやわらかい麺が好まれるようになったからだと言われています。


 『寒き日に 湯気立ち上る 釜揚げの 椀を持つ手も 温もりしかな』 藤重博孝


 今日のように少し寒い日には、『うどん』のような温かいものは嬉しいものです。


posted by まるきグループ広報部 at 16:06| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 広報部Fの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

花コーナーにて

 広報部員Fです。


 101108_1655~01.jpg

 『ポインセチア』です。

 花コーナーにポインセチアが並ぶ季節になってきました。



  深紅の葉は、季節の深まりとともに人の目を惹いて行く

  まるで、その時を待っているかのように

  クリスマスを待ちきれない子供たちのように


  小さな花を付けるポインセチア

  花は誰に見られるわけではないけれど

  葉が美しいことに嫉妬することもなく

  それでも小さな花を咲かせ続ける

  まるで、それが自分の誇りのように


posted by まるきグループ広報部 at 18:08| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 広報部Fの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。